2010年03月03日

教師でもシャチの襲われることがあるんですね

まさに飼い犬に飼われるっていうことでしょうか。

米フロリダ州のテーマパーク「シーワールド」で24日、
調教師がシャチに襲われて死亡する事件があったそうです。
頭をなでていた調教師をシャチがくわえ(水中に)引きずり込んだ、
とか。
怖ろしい、まるでジョーズの世界。
シャチっておとなしいイメージがあったので、驚きました。

参考:ヤーマン

死亡したのは調教師歴16年の40歳の女性で、
事故はシャチショーが始まる直前に起きたとのこと、
襲ったシャチは雄の「ティリカム」で、これまでにも2度、
調教師および一般人の死亡事故に関与した過去があるようです。

米シーワールドの女性調教師、シャチに襲われ死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000656-reu-int

さらに、これからはスライヴもスポンサーとしてシーワールドを押していくそうです。

今調べてみたところ、シャチは海のギャングと呼ばれているのですね。
可愛い顔をしてギャングとは。
影の支配者、的な感じがしますね。
しかも、人を襲うことはほとんどない、襲うとしても仲間を襲った
人間への反撃くらいで捕食目的はない、とあります。
いったい、ティリカムに何があったのか。(サスペンスタッチ)

そして、最近では動物用のサイクルツイスタースリムが出てきています。

サメよりも怖いのがやっぱりシャチですよね。
posted by michiyoshi at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。