2009年06月20日

動物の霊ってほんとにいるの?最近は供養までしてくれるみたい

ペットって高いのに死んでもお金が掛かるみたい。

ペットブームを背景に、ペット霊園や火葬業者が急増しており、
これに伴って霊園の設置や料金をめぐるトラブルも増加しているそうです。
新しい業種だけに法的規制がないことも一因だが、
ペットへの考え方は人それぞれということもあり、
悩ましい問題となっているとのこと。

ペット葬儀トラブル増加 正しい業者の見極めを
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000522-san-soci

たとえば、人の墓地や火葬施設の開設は墓地埋葬法で規制されているが、
ペット霊園を規制する法律はないため、住宅街などへの霊園設置をめぐり
住民とのトラブルが頻発しており、条例などで規制する自治体が増えているとか。

また、ペット霊園と同様に最近増えているのが、火葬炉を搭載した車で
ペットの「訪問火葬」を行う移動火葬業者をめぐるトラブルで、
「広告料金より高い金額を要求された」、「1体だけと言っていたのに
ほかと一緒に火葬された」、「引き取ったペットを供養せず、
行政などへごみ処理として横流ししている」などのケースもあるとのことで、

孤独なお年寄りや心の病を抱えている方へのアニマルセラピーも
最近普及が進んでいるようですから、ペットに関する法律の整備も
少しずつ進めていく必要がありそうです。

死んだら山に埋めてあげます。
posted by michiyoshi at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。